SCROLL

MASAKI空間計画
  • ホーム
  • 施工例
  • 深谷市I様邸 寛ぎのプライベートガーデンとロートアイアンが優雅なエクステリア
  • 深谷市I様邸 寛ぎのプライベートガーデンとロートアイアンが優雅なエクステリア


    深谷市I様邸のエクステリア・ガーデン工事をご紹介致します。

    2つの大きな掃き出し窓が直角に面したエリアに、目隠し塀に守られた寛ぎの中庭をお作り致しました。
    天気のいい日にはご家族やご友人、またはおひとりでも、プライベートな時間を楽しめます。



    道路側から見た様子になります。
    シンプルな白いタイルの塀にヨーロピアンな玄関ドアと門灯がおしゃれなI様邸。エクステリアもロートアイアンや割肌タイルを取り入れて、格調高い雰囲気を目指しました。



    こちらの塀のすぐ裏に中庭があります。
    門塀や目隠し塀に使用しているタイルは、温かみのある色合いの割肌仕上げのものを採用いたしました。
    日の光を受けて岩肌の陰影が浮かび上がり、高級感もありつつ、明るく軽やかなファサードに。



    目隠し塀の手前に植えられたコハウチワカエデ。夜には植栽がライトアップされ、木のシルエットが壁に映し出されます。
    植栽スペースの足元には落ち着いたブラウンの砂利を敷き詰め、ヒペリカムを植えて修景しました。
    ヒペリカムは地面を覆うように葉が広がる半常緑低木です。6月中旬〜7月中旬頃には黄金色の花を咲かせ、華やかに夏の訪れを告げます。



    奥行きのある駐車スペースは、正面にも車を置けるようにL字型にコンクリートを打設しました。



    目隠し塀の内側の様子です。外側の割肌タイルと対照的に、内側はシンプルな白の壁になります。
    床部分は自然な色ムラのあるブラウンの長方形タイルで縁取り、内側は正方形のベージュのタイルを敷き詰めました。



    気軽に腰かけられるように、ブラウンの落ち着いた色合いのタイルを使用したベンチをL字型に施工致しました。
    また、中庭の隅には植物が置ける飾り棚をお作りしています。柱部分にはスポットライトも埋め込み、季節のグリーンを植えて楽しめます。



    こちらの中庭のベージュのタイルは、通常の割り付け方法(通し目地)ではなく、四半目地(タイルを45度回転させるダイヤのような割り付け)で施工しています。端のタイルをカットするため手間がかかりますが、目地に変化がついてよりおしゃれな雰囲気になります。テーブルやイス、植木鉢など洋風のアイテムとも相性が良いです。



    玄関前のシンボルツリーは株立ちのアオダモを。下草にはアメリカイワナンテンとヒペリカムを植えています。
    アプローチは白地にブラウンのタイルをボーダーに貼り、メリハリを付けました。
    また、写真左端に見えるお洒落な製品はロートアイアン製のチェーンポールになります。優雅な曲線で作られ、気品のあるオブジェのようなチェーンポールです。



    野山に植わっているかのような自然な枝ぶりが人気の山採り樹木。空に向かって気持ちよく伸びる枝が爽やかです。



    中庭から外への出入り口には、ロートアイアンの片開き門扉を設置。ロートアイアン特有のねじり加工を施したデザインで、ヨーロピアンな雰囲気を楽しめます。


     
    Copyright | 株式会社MASAKI空間計画